« グラフィック・エンジン01 | トップページ | WORK LIKE ROBOT »

2008.09.22

グラフィック・エンジン02

昨日の続き,最後に紹介した動画は走査線毎に時間差でキャプチャしてるので,横の速い動きはびろーんって延びちゃうのね.iPhoneのぐにょぐにょ写真みたいなもん.

Photofinish
何にかに似てるなと思ってて思い出したのがスリット・カメラ.スポーツのゴールで写真判定に使う特殊カメラで,非常に細いスリットから外の様子を高速で連続撮影しているもの.1枚1枚は縦長の線みたいな画像なんだけど,横につなげると時系列を横軸に撮った1枚の写真になる.動きが遅いものは何度も走査されるので,横に延びて歪んだ画になる訳.この延び具合がイイ感じにテクノっぽくてかっこいい.この業界の第一人者「日本写真判定」のサイトで,物凄い長閑なFLASH解説が分かり易いので見てみて.マルチメディアのニオイがするなぁ.


グラフィック・エンジンと言えば最近は物理シミュレーションがトレンドみたいで,リアルなシェーディングだけじゃなく,素材と初期状態を設定すれば,落としたり崩れたりした時の振る舞いをレンダリングしてくれる,リアルな物体を描くには扱うパラメータが膨大だが,PCベースでこれが出来るようになるとちょっと楽しいかも.巨乳ギャルの胸の揺れはもうどうでもいいけど.

エンジンつながりでおまけ
Img3_20080725_11151126_1_l_2
トマホークでお馴染み,DODGEのクライスラーV8HEMIエンジン5700ccを使ったBBQグリル強烈に意味不明! アメリカのクルマバカにはこのHEMIエンジンは特別な意味があるらしく,シュレッダーとか三輪車とか下らないものを山程作っている.エンジンブロック単体に何故そこ迄思い入れを持てるのか分からない.どうせならBlendtecを凌ぐ超強力ブレンダー作ってくれよ.

|

« グラフィック・エンジン01 | トップページ | WORK LIKE ROBOT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11710/42561817

この記事へのトラックバック一覧です: グラフィック・エンジン02:

« グラフィック・エンジン01 | トップページ | WORK LIKE ROBOT »