« モノクローム・ビーナス | トップページ | Bubbly Gazer »

2008.09.19

Royal de luxe Encore

asahi.comだったか.どっか海外で行われていたパレードで,超でっかいゾウと女の子のが大通りを練り歩いている写真に衝撃を受けたのが2年半くらい前.

矢も楯もたまらず徹夜で調べてみると,どうやらそれはフランスの大道芸劇団「Ryal de luxe」だという事が分かった.イベントの名前じゃなくて,そもそもそういうパフォーマンスをする集団だったのね.
発音をカタカナで表すと「ロワイヤル・ド・リュクス」1970年代から活動している.本拠地はフランス西部のナント(Nantes)市.世界最古のSF小説「月世界旅行」で有名なジュール・ヴェルヌの生地としても知られる.Wikipediaの日本版にはまだ載ってない仏版はコチラ誰か和訳して!

684571828_03e941285d_o683704631_64bd21b991_o_2
683728147_e17c56e7d6_o684584738_84a2939e45_o
Ryal de luxeは寓話やおとぎ話をモチーフに,前述の巨大マリオネットやロボット動物を作って,街そのものを舞台に数日間野外で公演を続ける.都市の主要道路を交通封鎖して上演する為,交渉に数年を費やす事もあると言う.女の子は全高5m,象は12m,総重量42t.移動そのものはクレーンや重機を使うが,四肢の動きや細かい表情は,人力でロープを引っ張ったり,油圧でコントロールしているらしい.豪快かつ繊細,大道具と機械のハイブリッド具合もめちゃくちゃかっこよくて.どうにかしてちゃんと観たかったんだが何しろフランス語だし,情報も少なくて未だ正式なオフィシャル・サイトも知らない.ナント市観光局のサイトを片っ端からクリックして,ナントかDVD通販ページに辿り着き,送料も読まずオーダー.PALだって構うもんか.


2ヶ月程かかってDVDをゲット.MACのDVDプレイヤからNTSC出力経由でHDDレコーダーに撮り込みDVDバーニング.画質はよれよれだがしょうがない.2000年くらいの公演で象ロボは出て来ないんだけど,先日友達を集めて上映会をしていたら,そのうちの一人の知り合い(フランス人)がこの撮影〜編集を一人でやったんだと言うえええええ!!?? よくよく妙な縁が寄って来る家だ.誰も知らないと思ってたが,日本でこんな盛り上がってる人がいる事を伝えたらたいそう喜ぶだろうとかで.公演時に会う事が出来たら象に乗せてくれるかもだってマジすか!? それからこのDVD日本ではまだどこも扱いが無いようで(PALだし),こちらで販路を探してるらしいです.興味のある方は取り次ぎしますので連絡下さい.一緒に日本語版作って一儲けしようぜ.


フランス以外でも,ロンドンや南米のチリ,先日はリバプールでもやってたみたい.いつか生で観たいと本気で思っているが,噂によると来年横浜に来るとか来ないとか.本当なら会社休んで行くよマジで!!

|

« モノクローム・ビーナス | トップページ | Bubbly Gazer »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11710/40051495

この記事へのトラックバック一覧です: Royal de luxe Encore:

» ACUTO STAFF BLOG [ACUTO STAFF BLOG]
夏休みが終わったばかりですが、お休みをもらいました。21日と23日は祝日ですのでお店自体はお休みですが間に営業日があるので2日間お休みを貰って4連休させて頂きました。 行き先は知床半島。世界遺産になって有名になりましたよね。北海道の東の本当に端っこ。どんな所なのかガイドブックだけの知識しか今はありませんが現地にいって色々調べてみたいと思います。 地図で見ると本当に遠いですよね。... [続きを読む]

受信: 2008.09.24 13:24

« モノクローム・ビーナス | トップページ | Bubbly Gazer »