2009.09.21

どうせヒマでしょ

blogを再開するにあたって意識する事

[1] 意地を張らない
〜毎日更新とか1000文字以上とか、妙なハードルを立てない。目標水準に達しなくてもへこまない。

[2] 公開してから推敲する
〜迷ったり詰まったりしたら草稿状態でも取り敢えず上げる。流動的コンテクストダダ漏れ。

[3] エナジーが切れたら適当に休む
〜自分のキャパシティをあるがまま受け入れる。書く事が楽しい状態をキープ。

[4] 記録に残すべき事を書く
〜とはいえblogはアーカイブに足る内容を心がける、日常の行動報告はtwitterで。


約半年間blogを休んで改めて気づいたのは、こんなもの辞めた処で大局は何も変わらない、という事だ。

インターネットプロバイダのアカウントをとって10余年、いつの間にか仕事の上ではクリティカルなインフラになったが、個人の日常生活に於いて、ネットは未だライフラインに至っていない。
blogを続けた4年間、どんな場所にもPowerBookとモバイル端末を持ち歩き、8時間以上キーボードに触れない事は殆ど無かった。休んでいる間も大して変わりゃしなかったけど、23時を過ぎると何かエントリしなくちゃという強迫観念は無くなった。そしてその代わり、自分の日常から失われたものは、結局何も無かったのだ。

2400bpsでNIFTY-Serveとつながっていた頃から、ネットワークでの書き込みは自己満足に過ぎない。時に感銘を受け、誰かと共感し、何かを学んだような気になっても、実生活が激変する程の事は無かった。何人かの知人は増えたが、1000を超えるエントリの中で、有意義なコメントやトラック・バックは恐らく20に満たない。メディアに務める身を振り返れば、当然だがその力はあまりに矮小で、余暇を削って固執する程の行為には思えなくなっていた。

勘違いしないで欲しいのは、だからネットがクソだとかみんな辞めちまえって事じゃない。ここでかけがえのないものを見つけたり、大きく成長した人もいるだろう。ただ自分はそうじゃなくて、同じような人も沢山いるだろうって事だ。
前にも書いたけど、blogやtwitterで世界に発信し、大きな成果を得ているのはαブロガーやハイエンド・ネットワーカーで、毎分何千という素人ブロガーやSNSユーザの発言が、統計的にはなんの注意も払われないまま、ただパケットとしてネットを流れて行く。

だけど、そんな無為な自己顕示は他に幾らでもある。アマチュアバンド、小劇団、同人誌、コスプレ...。旅行やスポーツやおしゃれだって、辞めたって他人にとってはどうでも良かったりする。でもやってる瞬間は確かに楽しくて、それでつながったり、アガったり、癒されたりするのだ。

巨視的には辞めたって何も変わらない、誰も気にしないと思っていたblogでも、もうやらないの? とかいつ再開するの? とか数人に聞かれた。驚くべき事に、そのうち何人かは全く見ず知らず、メールした事も無いネット上の読者だった。口幅ったいので詳しく書かないが、出版する同人誌の一部に画像を使わせて欲しいとか、イベントを起ち上げる上で一部参考にした、と言う人も居た。別にその人の人生が変わった訳ではないんだけど、なんだか凄いなぁとぼんやり思った。

結局辞めても何も変わらないものだったら、気分で再開しても別にいいだろうと。まあ、ぐだぐだ考えてたら結局一周して当たり前の事に気づいたっていうか、単に一時厭きてたのが気が変わったってだけなんだけど、いつもの調子で行き当たりばったり、不必要に難しく書いてみました。

「暇だ」、とか「暇を潰す」とか、「暇だから何か面白い事ない?」とか、自分が暇だって表現キライなんだけど、暇が無けりゃこんなもん書かないし、結局ネットも暇潰しみたいなもんなんだよな。って言うのにもまだ抵抗あるんだけどさ。

たぶんまたすぐ面倒くさくなると思うけど、気が向いてるうちは続けるので、あなたも気が向いたらつき合ってやって下さい。ここ迄読んでるんだからどうせヒマでしょ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.02.14

Valentine Blue 01

Imgp0118
タイトルに特に深い意味はありません.

知人の伝によると,その辺のガラクタにタイトルだけつけて芸術だと言い張る行動は既にやってる人が居るとかがぼーん!! 誰だそれ寺山修司じゃないよな.でもこっちがやってるのはただタイトルをつけるってだけじゃなくて,非作品空間をインスタレーションとして定義するとともに,展示装置としてある意味作品より上位にあるキャプションを解放し,ギャラリーという閉鎖系の解体を図りながら,平素注意の向けられる事の少ない無意識の風景と緊張を持って対峙する体験を誘導することがぶつぶつ....まぁパクりだろうがなんだろうが面白けりゃやるだけなんだけどさ.

たまに顔を出している近所のカフェ「すかんぴん」だが,常連さんの一人がググったらここがヒットしたらしく「番長さんですよね」かなんか言われてしまったぎゃー恥ずかしい! 今も見られてるんだろうかネットって怖いなぁ.これで悪口書けなくなったじゃんかいや特に不満は無いが.フード作って下さいとか言われても客に出す程のモンは作れないので悪しからず.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.23

THE SUN WILL NOT RISE AROUND THE MOUNTAIN





.









1042_1




暮れて行く空に金星が瞬く

太陽から離れて,たった一つ

けれど他の誰より強く

夜空の最初の星になる


夏には夜明けより早く空を目指し

最後まで光り続けて

やがて朝日の中に消えて行くだろう


親から見ればあまりに小さいその姿と輝き

昼間はその姿を隠し

太陽が無ければ,自分で光る事もない


でもあの日

広い地平に朝陽を昇らせたのは,紛れもなくあなたです

時に雨に曇り,いつしか海に沈んでも

再び昇った太陽は僕らを照らし続けます




あなたがいても,いなくても



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.24

聖なる夜に口笛吹いて

現場は夕方で切り上げ,同じビルの地下でちょっとした忘年会.その後会社に戻って30分作業して,開演中のライブにすべりこみ.特に打ち上げもなく帰宅して,ベッドに寝転び仕事の続き.EXELいじってメール書いて,ちょっとネットサーフィンしたらもうイブが終わっちゃう.何の事は無いだらだらした平日の夜に,サンタとトナカイが頭上を素通りして行く.

Tnr0812241952006p4
個人的には特に縁も思い入れも無いけど元芸能人が一人いなくなって.男性としてお世話になった事もあまり無いが,クリスマスイブに浮き世に別れを告げるってどんな気持ちだろうかと考える.数日前だったって話もあるが.何れにせよ寂しかったんだろうかとか.マトモに考えられないくらい塞いじゃってたのかもしれない.

たぶんここ読んでるので微妙なんだけど,クスリ飲みながらなんとか暮らしてるような友人もいて,放っておくと沈んだまま浮かんで来れなくなるらしい.定期的に投薬してれば無駄にテンション高くてへらへらしてるんだけど,一度朝方迄話し込んだ事があって,少しずつ顔付きがシャープになり,言葉も少なく,思慮深くなって行くのを観た事がある.決して褒めるような事じゃないけど,その横顔が好きだった.無責任な直感でしかないが,彼の本当の姿のような気がして,そのままにしてやりたいような気持ちになった.
いつだったかblogのコメントに「生きていれば、いい事もあるのだろうか」と書いてた事があって,他人事ながらその切実さに胸が詰まった.彼の苦しみも,願いも共有する事は出来ないけど,望む姿になれない痛み,哀しみが,今も冷たい澱のように胸にまとわりつく.

誰だってある程度の歳になれば,いっそ死んじまえって思った事の一度や二度はあるんじゃないか.それを実行するかしないか,一瞬の妄想で消え去るか,心の底に棄てられずに残るか.大きな,だけど僅かな違い.自ら松明になるのも,窓から飛翔するのも一瞬.その短い糸が,オーナメントをツリーにつなぎ留めている.

筆の向くままだらだら書いてたらえらく剣呑な話になってしまったが,幸せも望みも人それぞれ,そして全ての願いが叶う事がゴールではない,という事だ.なんて尤もらしい事を述べて,ケーキもない夜にお茶が濁って行くのだった.

 大切な人も 離れてゆく人も
 よく働く人も 働かない人も
 うまくやれる人も しくじっている人も
 メリー・メリー・クリスマス
 Tonight's gonna be alright

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.20

カセイジン

ルールールー! 予感です,予感がします.


奮えながら,咳き込みながらぶるぶるアイドリングしていた湿った機械が動き出す.

冷えて固まったワックスが融けるように,厚く積もった埃の皮がひび割れて剥がれるように.

夏が終わったモノクロの日常がほんのり色づいて,瑠璃色の空に続いて行く.

急がず,焦らず,この日を忘れずに.10年後振り返って,その分岐点を眺めるように.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

充電中


Img_6023

ちょっとエネルギー貯めます.しばしお待ちを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.05

A Happy Thirsday





月曜日は夕方迄で上がれますんで逢いた......、...会えるといいですね。




と,彼女は言った.それはほんの一瞬,携帯のバッファのどこかに留まり,微かな照れと居心地の悪さを纏って,搬送波の中に紛れて消えた.当人にしてみれば,文字を選ぶ程の他意も無い千の会話の1コマ.結局それきりその日は連絡取らなかったし.けれども痴劣な大脳辺縁系は,今でも時折,淡い動揺と共にその5秒間を再生する.


大して面白くなかったレイトショーを見終え,温い風の中工事中の創成川通りを縫って走る.すすきのの灯りに照らされた薄曇りの空に,作業を終えたショベルカーやクレーン車.午前2時に見上げた建設中の立体駐車場は,今はもう澄ました顔で灰色の外装を晒し,まるで10年前からそこにあるように,オレンジの室内灯を漏らす.伸びた髪をくしゃくしゃと梳き上げる癖は,手の届かない指をなぞって,いつか月を見上げ,当て所無い宙を彷徨う.


記憶のマスターベーション.なんて我侭な,なんてあざとい嫉妬と自己憐憫.誕生日を祝うメールさえ.その応えと邂逅を求めずには居れない.諌めても諍っても,結局報いを手に入れたいだけ.この修辞すらいつか読まれる事を待ちわびて,日付が変わってもモニタと向きあっている.世界中が讃えればいい.女性はみんな恋すればいい.なんだかんだヤりたいだけかよ.この身に出来た瘤を抉り出し畜舎に棄てれば,澱んだ打算を豚が喰らってくれるだろうか.


それでも,性か業か知らないが,生まれた以上それと向き合わずには居られない.誰だってそうだとか,馴れ合いに迎合して諦める気は更々無いが,気を惹きたいが為に積み上げたその営為が,今の自分を飾っている.汗ばむ心を肯定しろ.身勝手なモーメントを転用して,湿った機械を動かすのだ.この枯渇が言葉を紡がせるのならば,誰かを潤す事もあるだろう.それを探しながら,明けて行く街を歩こう.その道の先に居るのは














A Happy Thirsday

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.25

Ain't No Mountain High Enough

さて予告通り,極度にフラグメントした自宅のCDの山を最適化すべく棚卸し大放出借りパク放題イベントを敢行した.

100_2325
今更控え目にするのも厭味なのでまんま書くけど,十数年自宅に溜め込んだCDアナログ類が概算で12000枚強.7畳間の壁1面造り付けの棚,腰から天井迄2層一杯と紙袋にぎっちり詰めて20袋くらい.あの曲何処に入ってたっけと言われても捜索する事が非常に困難な状況に加え,冬場は寒くて30分くらい暖房してからでないと部屋に長く居られない.だもんで3年くらい前整理してからというもの,職場においておけないCDを放置するままになっていたのだ.

16:00から友人がぱらぱらと訪れ,先ずは紙袋の中身を検証しつつ,アーティストABC順にダンボールに仕分けして行く事に.検聴用にCDJとMIXERもスタンバイ.基本的に家主は手を出さず,掘ったCDを確認して許可したものはオール貸し出しOK返却催促無しでもあげる訳じゃないよ.最初はきゃあきゃあいいながら,思い思いに自分の山を作っていたが,次第に口数少なくなり,黙々とCD仕分け作業が続く.腹も減って来たろうとカレーの支度をはじめる辺りは大家族の母親気分.夕食が出来る頃に紙袋の中身は一応片付いた,という事で小休止.

100_2327
そのあとはいつものぐだぐだ宴会に突入し,結局壁の棚分は手つかず,仕分けも見事に中途半端のままお開き.収集つかない加減は今までとあまり変わらない,いやそんな気もしてたんだが.そしていつも通り大量の洗い物と未整理のCD山を一人で片付ける,3年前もこうだったなぁ.

100_2329
でもまぁ久々にみんなで食べるご飯美味しかったし,素敵なプレゼントも頂いたので今回は良しとしよう.近いうちに棚卸しリベンジしますのでまた集まって下さいほんとか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.17

Sunday Afternoon

どうでもいい日曜日の日記.

080113_142201
深夜勤務明け,10時に起床し独りで蕎麦を打つ.年明けから十割蕎麦に挑戦しているのだが未だに最適の加水率が見つからない.二八の標準は42〜47%だそうだがこれで十割を打つと延ばす傍からボソボソになり麺の体裁が保てない.麺切りはパスタマシンでやってるので一応形にはなるけど,お湯に入れると3〜5cmくらいの細切れになっちゃってこれは蕎麦? 蕎麦めし? 的代物になってしまう.たぶん最適は48〜50%の間だと思うが結構シビアかも.まだまだ修行が必要じゃのう.

11:30には食事身支度を済ませ除雪へ出陣.土曜の大雪でまた自宅前が雪原に戻ってしまった.玄関前と駐車場をやっつけるのに1時間強.今週は更に,企画で中島公園内に作ったかまくらの保全もしなくてはならない訳は聞かないで.

080217_123701
除雪道具を担いだまま公園へ出かけ,膝丈の雪の中そり遊びの親子連れの横,独りで本物の古墳のようにディティールが消失してしまったかまくらを掘り出す.何やってんだとか考えたら負けだ.こちらも小一時間程雪と格闘し,自宅へ戻って着替えるとそのままクラップスホールへ移動してPerfumeのイベントを鑑賞.ニュー・シングル購入者対象で45分程度のセット無料招待ならこんなもんか.相変わらずダンスのキレはいいが生歌ももちょっと聴かせて欲しい.

自宅へ戻り車を暖機して今度は美しが丘のCOSTCOへ.1/25にオープンした会員制倉庫販売の札幌店.アラスカ旅行の時チラ見した事があったが,自分が会員になる事になるとは思わなかった.込み具合はそこそこ落ち着いて来た感じ.何もかも大ロットで一人暮らしには先ず必要無さそうだが,DysonDC12が¥44800は安いぞ! でもぶっちゃけ食料品は価格もクオリティも大型スーパーや市場のセールには叶わないんじゃないか.核家族化が進むニュー・ファミリー層に年会費¥4200の価値があるかは微妙.でも牛肉とか巨大だし,コカコーラの190mlボトルやウィルキンソンのドライ・ジンジャーエールがカートンで買えるのはちょっとかっこいいかも.フードコートとかモロあっち風で良くも悪くもアメリカンな世界.

100_1602
で,結局たいしたものは買わず,アメリカンと言う事でオーブンで焼くだけの成形済バン種と,意味無くスプレー式ホイップ・クリームを購入.こいつで好きなだけクリーム盛って食うのって男の夢でしょ? 家にクラコットしか無かったけどさ.で,帰って来たら玄関上のひさしに積もってた雪が落ちて玄関埋まってんの.結局1日で4回雪かきして無駄に充実感.明日は晴れますように....

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.12

Long Fire Burnin'

昨今雪こそ降らないがもう容赦ない寒さ.最高気温-5℃て何んだよそれ!? 年式装備からすると驚異的な耐寒性能を誇る愛車SJ10も始動が悪くさすがに今朝は駄目かと思った.上部装甲は合皮の幌1枚.エンジン廃熱をダクトで送って来るだけのヒーターは,気温が氷点下になると殆どその機能を体感することは無い.あまりに車内が冷たいので,アウトドア用ガス・ヒーターを助手席足元で点火.去年もそのまま走ってたが意外と大丈夫.それでも家に戻る頃には手がかじかんでキーが射てない.やっぱシガーライター電気毛布買おうかなぁ.

Centraliaminefiresteve
じゃ少しでも暖かそうな話.ペンシルバニア州で45年間燃え続けている「セントラリア坑内火災」.1962年,ゴミ消却の火が炭坑に燃え移り,坑内火災が発生.鉱脈に燃え広がった火は消火が困難な為,米国政府は消火活動を放棄.住民には退去命令が出され,セントラリアはゴースト・タウンと化したが,その火は現在でも地下でくすぶり続けている.地表温度は70℃〜80℃に達し,地下水が水蒸気となって噴き出しているところもあると言う.白い霧に包まれたこのゴースト・タウンはKONAMIのホラー・アドベンチャー「サイレントヒル」のモデルにもなった.鎮火には100年かかるとも200年かかるともいわれる.いっそその熱でスパでも作って温泉リゾートみたくしたらいいんじゃない? と思って書いたが何だかうら寂しくてちっとも暖かくならないじゃん!

Brick_maker
古新聞や雑誌をブロック状に成形してくれる「NEWSPAPER BRICK MAKER」.濡らしてプレスするだけで薪みたいな燃料になると.灯油高いしこれ売れるかも.オフィスのシュレッダー屑でも出来そう.家に造り付けの薪ストーブあるんだけど使ってないんだよな.今年こそ復活させるか....


アルミの空き缶でアルコール・バーナーを来る方法,やってみたい.これ,他にもバリエーションいっぱいあって,アウトドア自作派の新トレンドとしてブレイクしそうな予感.この人とか凄い.バーナー職人だ.素人には分かり辛いが.

Wp
暖まると花が咲く壁紙.説明不要の優しさ.自分の部屋にあったらさすがにキモイけどな.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧